HOME > レンズ情報 > レンズ設計 > 単焦点レンズ > 両面非球面設計

プラスチック単焦点 両面非球面設計レンズ → ラインナップはこちら
■シャープに見えるエリアが広い
レンズ両面を使用した収差補正により、従来設計(球面、非球面)レンズよりもシャープに見えるエリアが拡大。
中央に見える白い部分が鮮明に見えるエリアを表示しています。
両面非球面のほうが、よりシャープに見えるエリアが広く確保されている事が分かります。

■「最適」乱視補正

最適な乱視補正
レンズ内面の非球面化により、従来の2軸方向だけでなく全方向の乱視収差補正が可能に
リスティングの法則(眼球の動き)による斜め方向視時に起こるレンズと眼の乱視軸ズレの問題を最適に補正し快適な視野を実現


■さらなる薄さを実現

専用非球面設計の採用により、光学特性の向上とともに低ベースカーブ化による「薄さ」を実現


■「最適」乱視補正

専用非球面設計の採用による低ベースカーブ化がフェイスラインの変化を最小限に抑えます